債務整理4つの方法~自宅や車はどうなる?ブラックリストへの掲載は?

※本ページはプロモーションが含まれています

  • いつもお金のことばかり考えている…
  • 督促状が家に届くようになった…
  • 返済を催促する電話がひんぱんにかかってくる…

このようにお金を借り過ぎてしまってどうしようもない時は、債務整理をする必要があります。

今回は、債務整理の種類やメリット・デメリット、おすすめの法律事務所など、債務整理に関するすべての情報をお届けします。

この記事を読めば、債務整理に関する大抵のことが分かるようになります

スポンサーリンク

◆債務整理とは?

債務整理とは、返済が難しくなった借金について、

  • 借金そのものを減額
  • 利息部分のカット
  • 借金の返済に猶予を持たせる

などの方法で、借金の悩みを解決する手続きです。

基本的に弁護士や司法書士などの専門家に依頼し、裁判上や裁判外で手続きを行います。

債務整理には、❶自己破産、❷個人再生、❸特定調停、❹任意整理、の4つの方法があります。

それぞれの特徴とメリット・デメリットを解説していきましょう

◆4つの方法とメリット・デメリット

❶自己破産 ❷個人再生 ❸特定調停 ❹任意整理
裁判所の手続き 必要 必要 必要 なし
手続き後の支払額 原則ゼロ 借入金元金の
10%~20%
借入金元金の
100%
借入金元金の
100%
自己所有住宅の没収 没収 なし なし なし
ブラックリスト掲載 掲載あり 掲載あり 掲載あり 掲載あり
官報に掲載 掲載あり 掲載あり なし なし

❶自己破産

❶自己破産
裁判所の手続き 必要
手続き後の支払額 原則ゼロ
自己所有住宅の没収 没収
ブラックリスト掲載 掲載あり
官報に掲載 掲載あり

債務整理の代表格は自己破産で、よく耳にする言葉だと思います。

債務の返済ができなくなった個人が裁判所へ申立てることによって開始される破産手続きです。

メリットは税金などを除いたすべての借金が免除されること。

その効力は絶大で、債務整理の最大かつ最終兵器といえます

ただしデメリットも大きく、自己所有の家や車などはとられてしまいます。

車はまだしも、住んでいる自宅をとられ引っ越しを強いられるのは辛いことです。

もう一つのデメリットはいわゆるブラックリストに載ること

これにより、一定期間クレジットカードの新規発行ができなくなったり、家や車のローンを組んだりすることができなくなります。

事故情報に登録される期間は5年から7年と一時的ですが、その間は金融取引を我慢しなければなりません。

【自己破産が登録される期間】

登録期間 起算日
株式会社日本信用情報機構(JICC) 5年以内 契約期間中免責許可決定を確認した加盟会社が登録した報告日
株式会社シー・アイ・シー(CIC) 5年以内 破産申立の日
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 7年を超えない期間 破産手続き開始決定の日

❷個人再生

❷個人再生
裁判所の手続き 必要
手続き後の支払額 借入金元金の10%~20%
自己所有住宅の没収 なし
ブラックリスト掲載 掲載あり
官報に掲載 掲載あり

個人再生は、裁判所を通して借金を大幅に減額してもらった上で原則3年の分割払いをしていく手続きです。

自己破産と任意整理の中間のような位置付けです

再生計画案が認可された場合に弁済が必要な金額は以下のようになります。

借入総額 最低弁済額
100万円未満 全額
100万円以上500万円未満 100万円
500万円以上1500万円未満 借入額の5分の1
1500万円以上3000万円未満 300万円
3000万円以上5000万円以下 借入額の10分の1

例えば総額500万円の借金であれば、100万円まで減額できます。

個人再生のメリットは、住宅を手放すことなく手続きできる可能性があることです。

デメリットとしては、手続きが複雑な分費用が高額であり、その割には借金が残るので費用対効果が少ないことでしょうか。

また、個人再生には継続的な収入が見込めることが要件となるので、自己破産よりもハードルが高いと言えるでしょう。

なお、個人再生もブラックリストへの掲載は避けられません

【個人再生が登録される期間】

  登録期間 起算日
株式会社日本信用情報機構(JICC) 5年以内 債務を完済した日
株式会社シー・アイ・シー(CIC) 5年以内 債務を完済した日
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 7年を超えない期間 個人再生手続き開始決定の日

❸特定調停

❸特定調停
裁判所の手続き 必要
手続き後の支払額 借入金元金の100%
自己所有住宅の没収 なし
ブラックリスト掲載 掲載あり
官報に掲載 なし

特定調停は、裁判所が仲介役となって債務者と各債権者との和解の成立を支援する公的な手続きです。

基本的に本人が手続きを行うので、調停費用が安価で済むところがメリットと言えます。

一方で、債権カットは期待できず手続きに時間がかかるところがデメリットでしょうか。

調停で作成される「調停調書」は確定判決と同じ強い効力を持っています。

このため、調停内容通りに返済できない場合、ただちに差し押さえされるリスクがあるところにも注意が必要です。

なお、特定調停もブラックリストへの掲載は避けられません

【特定調停が登録される期間】

  登録期間 起算日
株式会社日本信用情報機構(JICC) 5年以内 特定調停の申し立てをした日
株式会社シー・アイ・シー(CIC) 5年以内 債務を完済した日
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 5年を超えない期間 債務を完済した日

❹任意整理

❹任意整理
裁判所の手続き 不要
手続き後の支払額 借入金元金の100%
自己所有住宅の没収 なし
ブラックリスト掲載 掲載あり
官報に掲載 なし

任意整理は裁判所は関与せず、プロの代理人と債権者が直接交渉をする手続きです。

代理人は将来利息を一部カットしてもらった上で、借金の残額を原則3年〜5年程度の分割払いで返済するという合意を取り付けます。

元本を減らせないならあまり意味がないのでは?

確かに借金が減額される自己破産や個人再生に比べると、効果は限定されます。

一方で、裁判所が関与しないため手続きがスピーディーで、住宅ローンなど整理したくない債権者は除外することも可能です。

また、利息カットだけと言っても、一定の効果は期待できます。

【例】100万円を3年間で返済する場合
利息15%:月額34,665円
利息なし:月額27,777円

デメリットは、任意整理であってもブラックリストへの掲載が避けられないことです

【任意整理が登録される期間】

  登録期間 起算日
株式会社日本信用情報機構(JICC) 5年以内 債務を完済した日
株式会社シー・アイ・シー(CIC) 5年以内 債務を完済した日
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 登録なし※

※KSCは任意整理の登録項目はないが、保証会社が保証履行(代位弁済)した場合、その事実が登録される。

メリットとデメリットのバランスが良いため、一番使われている手法はこの任意整理です

自分の状況がどの手法に向いているか、一度、専門家に相談してみると良いでしょう。

◆まとめ

という訳で今回は、債務整理の4つの方法をご紹介してきました。

借金問題はとにかく早く解決することが大切なので、一人で悩まず、専門家へ相談するところから始めましょう。

この記事が、借金に悩む皆さんの役に立てば幸いです✨

こちらの記事も読まれてます!

ひやま法律事務所の口コミをチェック✅相談しやすい弁護士という評判は本当か?
司法書士法人はたの法務事務所の口コミをチェック✅地方に強い司法書士という評判は本当か?
【債務整理】LINEで相談できる法律事務所5選~電話やメールが苦手な人もOK
シン・イストワール法律事務所の口コミをチェック✅借金問題に強い弁護士いう評判は本当か?
【債務整理Q&A】借金を何とかしたい🤔「任意整理」で本当に何とかなる?
スポンサーリンク
債務整理
スポンサーリンク
kagerouをフォローする
スポンサーリンク

コメント

◆各銀行のデータ(決算・頭取・基幹システム等)

メガ・信託・ネット

0001 みずほ銀行
0005 三菱UFJ銀行
0009 三井住友銀行
0010 りそな銀行
0017 埼玉りそな銀行
0033 paypay銀行
0034 セブン銀行
0035 ソニー銀行
0036 楽天銀行
0038 住信SBIネット銀行
0039 auじぶん銀行
0040 イオン銀行
0041 大和ネクスト銀行
0042 ローソン銀行
0043 みんなの銀行
0044 UI銀行
0288 三菱UFJ信託銀行
0289 みずほ信託銀行
0294 三井住友信託銀行
0297 日本マスタートラスト信託銀行
0300 SMBC信託銀行
0304 野村信託銀行
0307 オリックス銀行
0310 GMOあおぞらネット銀行
0311 農中信託銀行
0320 新生信託銀行
0321 日証金信託銀行
0324 日本カストディ銀行
0397 SBI新生銀行
0398 あおぞら銀行
0401 シティバンク、エヌ・エイ
0402 ジェーピーモルガン銀行
0403 アメリカ銀行
0411 香港上海銀行
0430 ドイツ銀行
0472 SBJ銀行
9900 ゆうちょ銀行

地方銀行

0116 北海道銀行
0117 青森銀行
0118 みちのく銀行
0119 秋田銀行
0120 北都銀行
0121 荘内銀行
0122 山形銀行
0123 岩手銀行
0124 東北銀行
0125 七十七銀行
0126 東邦銀行
0128 群馬銀行
0129 足利銀行
0130 常陽銀行
0131 筑波銀行
0133 武蔵野銀行
0134 千葉銀行
0135 千葉興業銀行
0137 きらぼし銀行
0138 横浜銀行
0140 第四北越銀行
0142 山梨中央銀行
0143 八十二銀行
0144 北陸銀行
0145 富山銀行
0146 北國銀行
0147 福井銀行
0149 静岡銀行
0150 スルガ銀行
0151 清水銀行
0152 大垣共立銀行
0153 十六銀行
0154 三十三銀行
0155 百五銀行
0157 滋賀銀行
0158 京都銀行
0159 関西みらい銀行
0161 池田泉州銀行
0162 南都銀行
0163 紀陽銀行
0164 但馬銀行
0166 鳥取銀行
0167 山陰合同銀行
0168 中国銀行
0169 広島銀行
0170 山口銀行
0172 阿波銀行
0173 百十四銀行
0174 伊予銀行
0175 四国銀行
0177 福岡銀行
0178 筑邦銀行
0179 佐賀銀行
0181 十八親和銀行
0182 肥後銀行
0183 大分銀行
0184 宮崎銀行
0185 鹿児島銀行
0187 琉球銀行
0188 沖縄銀行
0190 西日本シティ銀行
0191 北九州銀行

第二地銀

0501 北洋銀行
0508 きらやか銀行
0509 北日本銀行
0512 仙台銀行
0513 福島銀行
0514 大東銀行
0516 東和銀行
0517 栃木銀行
0522 京葉銀行
0525 東日本銀行
0526 東京スター銀行
0530 神奈川銀行
0532 大光銀行
0533 長野銀行
0534 富山第一銀行
0537 福邦銀行
0538 静岡中央銀行
0542 愛知銀行
0543 名古屋銀行
0544 中京銀行
0562 みなと銀行
0565 島根銀行
0566 トマト銀行
0569 もみじ銀行
0570 西京銀行
0572 徳島大正銀行
0573 香川銀行
0576 愛媛銀行
0578 高知銀行
0582 福岡中央銀行
0583 佐賀共栄銀行
0585 長崎銀行
0587 熊本銀行
0590 豊和銀行
0591 宮崎太陽銀行
0594 南日本銀行
0596 沖縄海邦銀行

TOPページ

タイトルとURLをコピーしました