【債務整理Q&A】借りたお金を返さないと罪に問われる🤔逆に訴えられないでしょうか?

今回は債務整理に関していただいた質問に答えていきます。

「借りたお金を返さないのは泥棒と同じ」と言います。債務整理でもお金を返さないと罪に問われないでしょうか?消費者金融から訴えられるのでは?

スポンサーリンク

◆借りたお金を返さないと罪に問われる?

結論:刑法にお金を返さない罪というものはありません

このため、警察が逮捕状をもって自宅に来ることはありません。

逮捕、起訴されることもありません。

なので、安心して債務整理の手続きをやっていただければと思います。

唯一、罪に問われるとしたら最初から返す気がないケースです

これは刑法第246条の詐欺罪が成立する可能性があります。

第246条
人を欺いて財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する。

返す気がないのに「返します」と嘘をつくことが罪の構成要件となっています。

このため、

当初は返済するつもりだったが借りた後に返済できなくなった

という場合には、詐欺罪は成立しません。

◆借りたお金を返さないと訴えられる?

結論:債権者からの告訴は可能ですが極力避けられます

債権者が告訴をしてくるのも任意整理の場合が多いと思いますが、告訴の理由にはいくつかのパターンがあります。

専門家はこのパターンを熟知しているので、ある程度避けることが可能です。

パターン①長期間の経過

まず、任意整理へ着手後に長期間が経過してしまうパターンです。

  • 法律事務所が依頼者と連絡が取れないケース
  • 依頼者の和解条件のハードルが高く調整に時間がかかるケース

などで、このような状況になります。

貸金業者としては、交渉が始まるのを待っているのになかなか始まらなければ「支払う意思がない」とみなして訴訟を起こさざるを得ません。

こうならないためにも、専門家に依頼したらなるべく早く和解交渉に入れるよう、協力した方が良いでしょう。

パターン②時効が近い

借金には時効があって「5年」または「10年」です。

お互いが借金を一部返済したり催促したりしなければ、時効が来ると帳消しになります。

金融機関としては任意整理を待っている間に帳消しになったら困るから、時効をストップさせようとします。

時効ストップにはいくつかの方法がありますが、訴訟もその中の一つなのです。

債務整理に慣れている専門家ならば、時効をチェックして優先のものから処理してくれるので安心です。

パターン③任意整理に応じない貸金業者

貸金業者の中には、そもそも任意整理に応じない業者があります。

そんなところに任意整理の通知を出すと、まず告訴されてしまいます。

任意整理の受任通知が送られてきて、それに対する債権者の反撃方法は告訴しかないのです。

債務整理に慣れた専門家ならば、任意整理に応じない業者を把握しています。

こういう業者は任意整理の対象としないのが一番なのです。

◆お金を返さないことに抵抗がある

結論:気にしなくて大丈夫です

債務整理が罪に当たらず、また告訴を避けられることも分かりました。

それでも、

借りたお金を返さないなんて良くないのでは?

と思う方もいます。

本当に気持ちが真っ直ぐな方なんだと思います。

でも大丈夫です!

借金に悩む方ならば、

国が認めた借金救済制度

というフレーズを聞いたことがあるでしょう。

自己破産や個人再生はまさに、破産法や民事再生法に基づいた借金救済制度なのです。

任意整理は任意整理法という法律があるわけではないけど、法的に認められた手続きです。

私は銀行員時代、ダンスのCMでおなじみ大手消費者金融の担当をしていたことがあります

当時のその会社の戦略は、審査を甘くして誰にでも50万円までは貸すというものでした。

なぜ50万円なのか?

それは焦げ付いても痛くない金額だからです。

このように貸金業者は、ある程度返さない人が出てくることを見込んでいます。

何なら、遅れながら払うくらいなら、早く降参して欲しいと思っているのです。

降参しない状態だと、督促の手間と時間が負担になるため、債権者にもストレスがかかります。

自分のためにも貸金業者のためにも、無理はしない方が良いのかもしれません。

◆まとめ

という訳で今回は「借りたお金を返さないと罪になる?」という疑問にお答えしてきました。

結論はこうなります

  • 罪にはならない
  • 告訴される可能性はある
  • お金を返さないことに負い目を感じる必要はない

借金問題はとにかく早く解決することが大切なので、一人で悩まず、専門家へ相談するところから始めましょう。

安価でおすすめの法律事務所をまとめているので、参考にされてください。

【債務整理】費用が安いおすすめ法律事務所ランキング⚖️弁護士・司法書士の特徴や口コミ・評判もチェック☑️
※本ページはプロモーションが含まれています 借金の返済に困り債務整理を相談しようと思ったら、法律事務所を選ぶ必要があります。 自己破産のように裁判所が関係するケース 任意整理のように債権者と交渉するケース いずれも専門家の知識と経験が必要だ...

これらの記事が、借金に悩む皆さんの役に立てば幸いです✨

コメント

◆各銀行のデータ(決算・頭取・基幹システム等)

メガ・信託・ネット

0001 みずほ銀行
0005 三菱UFJ銀行
0009 三井住友銀行
0010 りそな銀行
0017 埼玉りそな銀行
0033 paypay銀行
0034 セブン銀行
0035 ソニー銀行
0036 楽天銀行
0038 住信SBIネット銀行
0039 auじぶん銀行
0040 イオン銀行
0041 大和ネクスト銀行
0042 ローソン銀行
0043 みんなの銀行
0044 UI銀行
0288 三菱UFJ信託銀行
0289 みずほ信託銀行
0294 三井住友信託銀行
0297 日本マスタートラスト信託銀行
0300 SMBC信託銀行
0304 野村信託銀行
0307 オリックス銀行
0310 GMOあおぞらネット銀行
0311 農中信託銀行
0320 新生信託銀行
0321 日証金信託銀行
0324 日本カストディ銀行
0397 SBI新生銀行
0398 あおぞら銀行
0401 シティバンク、エヌ・エイ
0402 ジェーピーモルガン銀行
0403 アメリカ銀行
0411 香港上海銀行
0430 ドイツ銀行
0472 SBJ銀行
9900 ゆうちょ銀行

地方銀行

0116 北海道銀行
0117 青森銀行
0118 みちのく銀行
0119 秋田銀行
0120 北都銀行
0121 荘内銀行
0122 山形銀行
0123 岩手銀行
0124 東北銀行
0125 七十七銀行
0126 東邦銀行
0128 群馬銀行
0129 足利銀行
0130 常陽銀行
0131 筑波銀行
0133 武蔵野銀行
0134 千葉銀行
0135 千葉興業銀行
0137 きらぼし銀行
0138 横浜銀行
0140 第四北越銀行
0142 山梨中央銀行
0143 八十二銀行
0144 北陸銀行
0145 富山銀行
0146 北國銀行
0147 福井銀行
0149 静岡銀行
0150 スルガ銀行
0151 清水銀行
0152 大垣共立銀行
0153 十六銀行
0154 三十三銀行
0155 百五銀行
0157 滋賀銀行
0158 京都銀行
0159 関西みらい銀行
0161 池田泉州銀行
0162 南都銀行
0163 紀陽銀行
0164 但馬銀行
0166 鳥取銀行
0167 山陰合同銀行
0168 中国銀行
0169 広島銀行
0170 山口銀行
0172 阿波銀行
0173 百十四銀行
0174 伊予銀行
0175 四国銀行
0177 福岡銀行
0178 筑邦銀行
0179 佐賀銀行
0181 十八親和銀行
0182 肥後銀行
0183 大分銀行
0184 宮崎銀行
0185 鹿児島銀行
0187 琉球銀行
0188 沖縄銀行
0190 西日本シティ銀行
0191 北九州銀行

第二地銀

0501 北洋銀行
0508 きらやか銀行
0509 北日本銀行
0512 仙台銀行
0513 福島銀行
0514 大東銀行
0516 東和銀行
0517 栃木銀行
0522 京葉銀行
0525 東日本銀行
0526 東京スター銀行
0530 神奈川銀行
0532 大光銀行
0533 長野銀行
0534 富山第一銀行
0537 福邦銀行
0538 静岡中央銀行
0542 愛知銀行
0543 名古屋銀行
0544 中京銀行
0562 みなと銀行
0565 島根銀行
0566 トマト銀行
0569 もみじ銀行
0570 西京銀行
0572 徳島大正銀行
0573 香川銀行
0576 愛媛銀行
0578 高知銀行
0582 福岡中央銀行
0583 佐賀共栄銀行
0585 長崎銀行
0587 熊本銀行
0590 豊和銀行
0591 宮崎太陽銀行
0594 南日本銀行
0596 沖縄海邦銀行

TOPページ

タイトルとURLをコピーしました