債務整理【まとめ】4つの方法とメリット・デメリット…おすすめの法律事務所や口コミ・評判など

※本ページはプロモーションが含まれています

  • いつもお金のことばかり考えている…
  • 督促状が家に届くようになった…
  • 返済を催促する電話がひんぱんにかかってくる…

このようにお金を借り過ぎてしまってどうしようもない時は、債務整理をする必要があります。

今回は、債務整理の種類やメリット・デメリット、おすすめの法律事務所など、債務整理に関するすべての情報をお届けします。

この記事を読めば、債務整理に関する大抵のことが分かるようになります

スポンサーリンク

◆債務整理とは?

債務整理とは、返済が難しくなった借金について、

  • 借金そのものを減額
  • 利息部分のカット
  • 借金の返済に猶予を持たせる

などの方法で、借金の悩みを解決する手続きです。

基本的に弁護士や司法書士などの専門家に依頼し、裁判上や裁判外で手続きを行います。

債務整理には、❶自己破産、❷個人再生、❸特定調停、❹任意整理、の4つの方法があります。

それぞれの特徴とメリット・デメリットを解説していきましょう

◆4つの方法とメリット・デメリット

❶自己破産 ❷個人再生 ❸特定調停 ❹任意整理
裁判所の手続き 必要 必要 必要 なし
手続き後の支払額 原則ゼロ 借入金元金の
10%~20%
借入金元金の
100%
借入金元金の
100%
自己所有住宅の没収 没収 なし なし なし
ブラックリスト掲載 掲載あり 掲載あり 掲載あり 掲載あり
官報に掲載 掲載あり 掲載あり なし なし

❶自己破産

❶自己破産
裁判所の手続き 必要
手続き後の支払額 原則ゼロ
自己所有住宅の没収 没収
ブラックリスト掲載 掲載あり
官報に掲載 掲載あり

債務整理の代表格は自己破産で、よく耳にする言葉だと思います。

債務の返済ができなくなった個人が裁判所へ申立てることによって開始される破産手続きです。

メリットは税金などを除いたすべての借金が免除されること。

その効力は絶大で、債務整理の最大かつ最終兵器といえます

ただしデメリットも大きく、自己所有の家や車などはとられてしまいます。

車はまだしも、住んでいる自宅をとられ引っ越しを強いられるのは辛いことです。

もう一つのデメリットはいわゆるブラックリストに載ること

これにより、一定期間クレジットカードの新規発行ができなくなったり、家や車のローンを組んだりすることができなくなります。

事故情報に登録される期間は5年から7年と一時的ですが、その間は金融取引を我慢しなければなりません。

【自己破産が登録される期間】

登録期間 起算日
株式会社日本信用情報機構(JICC) 5年以内 契約期間中免責許可決定を確認した加盟会社が登録した報告日
株式会社シー・アイ・シー(CIC) 5年以内 破産申立の日
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 7年を超えない期間 破産手続き開始決定の日

❷個人再生

❷個人再生
裁判所の手続き 必要
手続き後の支払額 借入金元金の10%~20%
自己所有住宅の没収 なし
ブラックリスト掲載 掲載あり
官報に掲載 掲載あり

個人再生は、裁判所を通して借金を大幅に減額してもらった上で原則3年の分割払いをしていく手続きです。

自己破産と任意整理の中間のような位置付けです

再生計画案が認可された場合に弁済が必要な金額は以下のようになります。

借入総額 最低弁済額
100万円未満 全額
100万円以上500万円未満 100万円
500万円以上1500万円未満 借入額の5分の1
1500万円以上3000万円未満 300万円
3000万円以上5000万円以下 借入額の10分の1

例えば総額500万円の借金であれば、100万円まで減額できます。

個人再生のメリットは、住宅を手放すことなく手続きできる可能性があることです。

デメリットとしては、手続きが複雑な分費用が高額であり、その割には借金が残るので費用対効果が少ないことでしょうか。

また、個人再生には継続的な収入が見込めることが要件となるので、自己破産よりもハードルが高いと言えるでしょう。

なお、個人再生もブラックリストへの掲載は避けられません

【個人再生が登録される期間】

  登録期間 起算日
株式会社日本信用情報機構(JICC) 5年以内 債務を完済した日
株式会社シー・アイ・シー(CIC) 5年以内 債務を完済した日
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 7年を超えない期間 個人再生手続き開始決定の日

❸特定調停

❸特定調停
裁判所の手続き 必要
手続き後の支払額 借入金元金の100%
自己所有住宅の没収 なし
ブラックリスト掲載 掲載あり
官報に掲載 なし

特定調停は、裁判所が仲介役となって債務者と各債権者との和解の成立を支援する公的な手続きです。

基本的に本人が手続きを行うので、調停費用が安価で済むところがメリットと言えます。

一方で、債権カットは期待できず手続きに時間がかかるところがデメリットでしょうか。

調停で作成される「調停調書」は確定判決と同じ強い効力を持っています。

このため、調停内容通りに返済できない場合、ただちに差し押さえされるリスクがあるところにも注意が必要です。

なお、特定調停もブラックリストへの掲載は避けられません

【特定調停が登録される期間】

  登録期間 起算日
株式会社日本信用情報機構(JICC) 5年以内 特定調停の申し立てをした日
株式会社シー・アイ・シー(CIC) 5年以内 債務を完済した日
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 5年を超えない期間 債務を完済した日

❹任意整理

❹任意整理
裁判所の手続き 不要
手続き後の支払額 借入金元金の100%
自己所有住宅の没収 なし
ブラックリスト掲載 掲載あり
官報に掲載 なし

任意整理は裁判所は関与せず、プロの代理人と債権者が直接交渉をする手続きです。

代理人は将来利息を一部カットしてもらった上で、借金の残額を原則3年〜5年程度の分割払いで返済するという合意を取り付けます。

元本を減らせないならあまり意味がないのでは?

確かに借金が減額される自己破産や個人再生に比べると、効果は限定されます。

一方で、裁判所が関与しないため手続きがスピーディーで、住宅ローンなど整理したくない債権者は除外することも可能です。

また、利息カットだけと言っても、一定の効果は期待できます。

【例】100万円を3年間で返済する場合
利息15%:月額34,665円
利息なし:月額27,777円

デメリットは、任意整理であってもブラックリストへの掲載が避けられないことです

【任意整理が登録される期間】

  登録期間 起算日
株式会社日本信用情報機構(JICC) 5年以内 債務を完済した日
株式会社シー・アイ・シー(CIC) 5年以内 債務を完済した日
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 登録なし※

※KSCは任意整理の登録項目はないが、保証会社が保証履行(代位弁済)した場合、その事実が登録される。

メリットとデメリットのバランスが良いため、一番使われている手法はこの任意整理です

自分の状況がどの手法に向いているか、一度、専門家に相談してみると良いでしょう。

◆おすすめの法律事務所

それでは当サイトおすすめの弁護士・司法書士事務所をご紹介します

  アース司法書士事務所 東京ロータス法律事務所  弁護士法人イストワール法律事務所 アヴァンス法務事務所 弁護士法人ひばり法律事務所 ウイズユー司法書士事務所 司法書士法人はたの法務事務所
所在地 大阪府大阪市北区紅梅町1-7 久幸ビル4階 東京都台東区東上野1丁目13番2号 廣丸ビル1-2階 東京都千代田区平河町2-4-13 ノーブルコート平河町4階 大阪市中央区北浜2丁目2-22 北浜中央ビル3F 東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階 大阪府大阪市北区東天満2-9-1 若杉センタービル本館7階 東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階(受付)・6階
対応エリア 全国 全国 全国 全国 全国 全国 全国
初回相談料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料
自己破産 88,000円~ 着手金:220,000円
報酬金:220,000円
諸費用:55,000円
管財人引継予納金 :200,000円~
407,000円~ 着手金 :352,000円
予納金、申立印紙代などの実費:40,000円程度
着手金 :220,000円~
基本報酬:220,000円~
実  費:5,500円/社
その他 :若干の諸費用あり
費用:473,000円~
※管財事件の場合:別途55,000円~
※予納金、申立印紙代、管財事件の場合は管財人報酬(200,000円~)が別途必要
報酬金:330,000円(少額管財事件は+220,000円~)
個人再生 110,000円~ 着手金:330,000円
報酬金:330,000円
諸費用:55,000円
住宅ローン特則あり:110,000円
605,000円~ 費用:418,000円
※住宅資金特別条項を利用する場合は473,000円
※予納金、申立印紙代などの実費:40,000円程度
着手金 :330,000円~
基本報酬:220,000円~
実  費:5,500円/社
その他 :若干の諸費用あり
住宅ローン特則なし 528,000円~
住宅ローン特則あり 583,000円~
※予納金、申立印紙代が別途必要
報酬金:385,000円~
再生委員に支払う費用:220,000円~
任意整理 着手金 :無料
基本報酬:11,000円/社
減額報酬:無料
着手金 :22,000円/社
基本報酬:22,000円/社
減額報酬:減額分の11%
着手金 :無料
基本報酬:58,300円/件
減額報酬:減額分の11%
着手金 :11,000円/社
基本報酬:11,000円/社
減額報酬:減額分の11%
着手金 :22,000円/社
基本報酬:22,000円/社
減額報酬:減額分の11%
実  費:5,500円/社
1社あたり11,000円~110,000円
※債務残高により増減
※過払い金を回収した場合は、追加で回収金額の20%
着手金 :無料
基本報酬:22,000円/社
減額報酬:減額分の11%
経  費:5,500円/社
過払い金請求報酬 回収額の20%(訴訟の場合25%) 回収額の22%(訴訟の場合27.5%) 回収額の22%(訴訟の場合27.5%) 回収額の22% 回収額の22%(訴訟の場合27.5%)
実  費:5,500円/社
1社あたり11,000円+回収金額の20%
※訴訟提起の場合、印紙・郵券代が別途必要
報酬金:回収額の22%(10万円以下の場合は14%)
その他:11,000円の計算費用

1⃣ アース司法書士事務所

アース司法書士事務所
初回相談料 無料
任意整理着手金 無料
任意整理基本報酬 11,000円~/社
減額報酬 無料
過払い金請求報酬 回収額の20%(訴訟の場合25%)
個人再生 110,000円~
自己破産 88,000円~

アース司法書士事務所は、費用が安価なことが強みとなっています。

安いところは対応もそれなり…

というところもありますが、アース司法書士事務所は対応も良く、ネット上の評判も上々です。

【良い口コミ・評判】

安いところとしては、アース司法書士事務所などがお勧めです。前述の基本報酬が安く、後は過払いの20%でやってくれます。(Yahoo知恵袋)

私は、先日アース司法書士事務所に依頼しました。受付の方も親切で、今まで悩んでいた事が嘘のように楽になりましたよ!!やはり信用できる事務書が一番と思います。(Yahoo知恵袋)

【悪い口コミ・評判】

金額の相場は他社と比較しても高めです。最近は人員不足とのことで、何をするにも時間がかかります。弁護士と直接やり取りをすることは殆どありません。(Google口コミ)

デメリットは司法書士なので、任意整理の場合140万円を超える貸金業者を相手にすることができません。

任意整理で140万円を超える貸金業者がある場合は、弁護士事務所に相談すると良いでしょう。

自己破産や個人再生では140万円を超えていたとしても対応は可能です

詳細は公式サイトをご参照ください。

【公式サイト】
全国¥0相談はこちら!【アース司法書士事務所】

2⃣ 東京ロータス法律事務所

弁護士法人東京ロータス法律事務所[債務整理]

東京ロータス法律事務所 
初回相談料 初期費用:無料
任意整理 着手金 :22,000円/社
基本報酬:22,000円/社
減額報酬:減額分の11%
過払い金請求報酬 回収額の22%(訴訟の場合27.5%)
個人再生 着手金:330,000円
報酬金:330,000円
諸費用:55,000円
住宅ローン特則あり:110,000円
自己破産 着手金:220,000円
報酬金:220,000円
諸費用:55,000円
管財人引継予納金 :200,000円~

東京ロータス法律事務所の特徴は、債務整理分野にほぼ特化して活動していること。

債務整理や借金を巡るトラブルの相談で、受任件数は6000件を超えています。

初回相談料が無料というのは割とありますが、東京ロータス法律事務所は「初期費用」、つまり最初の相談は何回でも無料です。

メール・電話・面談まで何度でも無料で相談できるのは大きなメリットと言えるでしょう。

【良い口コミ・評判】

夫婦で破産申立てを依頼しました。 いつも私達夫婦に寄り添って下さり、またアドバイスして頂き心から感謝しています。 書類集め等色々大変でしたが、思い切って相談して本当に良かったです。 毎月の支払いに苦しんでいた頃が嘘のように、穏やかな気持ちで過ごせる日を迎えられたのは、先生やスタッフの皆様のおかげです。 ロータス様には感謝しても仕切れません。 こんな私達夫婦の感謝の想いを口コミで皆さんに読んで頂けるなら嬉しく思います。(Google口コミ)

電話対応も良かったし、他の事務所で断られた内容もキチンと対応していただけました。おすすめです。(Google口コミ)

【悪い口コミ・評判】

電話対応が酷い、相談してるだけで厳しい厳しいと…アクションする前から否定的で他の事務所さんに相談されては?って何なんですかね。 ガッカリですわ。

詳細は公式サイトをご参照ください。

【公式サイト】
弁護士法人東京ロータス法律事務所

3⃣ シン・イストワール法律事務所

弁護士法人イストワール法律事務所
初回相談料 無料
任意整理着手金 無料
任意整理基本報酬 58,300円/件
減額報酬 減額分の11%
過払い金請求報酬 回収額の22%(訴訟の場合27.5%)
個人再生 605,000円~
自己破産 407,000円~

シン・イストワール法律事務所は、

破産や民事再生によらない負債の処理

を信条としており、任意整理に力を入れています。

その理由は、破産は社会的にだけでなく、お世話になった近しい人たちからの信用も損なうことにつながり、依頼者の未来のためにならないからです。

自己破産なども取り扱いますが、これは依頼者が希望した場合のみ。

また、他の事務所が嫌がる闇金問題にも積極的に対応してくれます。

このように、依頼者に寄り添った事務所の姿勢は高く評価され、解決件数は1万件以上、相談件数は20万件にも上るそうです。

【良い口コミ・評判】

養育費は子供の権利ですし 払うのが当たり前の物です。 逃げ得は許されません。 払う羽目になったなどと勘違いも甚だしいですね。 私はここの事務所に助けていただいて 養育費も毎月振り込まれるようになり ようやく普通の生活に戻れた気がします。 ありがとうございました。

最初は電話などで問い合わせしましたが、不安な私に対してすごく丁寧に対応してくださいました。わかりやすく説明してくださって本当に安心できました。手続きなどもサポートしてくださるので安心してお任せできました。本当にありがとうございました

【悪い口コミ・評判】

メールを送って1週間以上経っても返信がなくこちらから土曜日に電話をしたら、 電話口の相手から何もわからないので平日の18時までに再度連絡してほしいと言われた。サイトをみると9時から21時まで対応してもらえるような表記になっているのに、お気軽にご相談くださいと言っておきながらこちらの話は何も聞いてもらえなかった。 シングルマザーを救済してもらえるような事務所ではないと感じた。

詳細は公式サイトをご参照ください。

【公式サイト】
「全国無料対応!ゆっくりしっかり長時間借金相談!!」

4⃣ アヴァンス法務事務所

アヴァンスレディース

アヴァンス法務事務所
初回相談料 無料
任意整理 着手金 :11,000円/社
基本報酬:11,000円/社
減額報酬:減額分の11%
過払い金請求報酬 回収額の22%
個人再生 費  用:418,000円
住宅資金特別条項を利用する場合は473,000円
予納金、申立印紙代などの実費:40,000円程度
自己破産 着手金 :352,000円
予納金、申立印紙代などの実費:40,000円程度

アヴァンス法務事務所の理念は、

We aim at the best of the client.(お客様に最高の結果をもたらすことを目指す)

というもの。

理念は料金にも表れていて、他の法律事務所と比較して安価な料金体系になっています。

さらに特徴の一つは、女性のための相談窓口を設置していること。

旦那に言えない借金がある…

など、女性特有の悩みに女性スタッフが対応してくれます。

もちろん男性の相談もOKです

デメリットは司法書士なので、任意整理の場合140万円を超える貸金業者を相手にすることができません。

任意整理で140万円を超える貸金業者がある場合は、弁護士事務所に相談すると良いでしょう。

【良い口コミ・評判】

先日アヴァンス法務事務所に電話調査
・電話対応◎
・アフターケア◎
電話に出た方は女性でとてもいい感じでした(X)

2018年9月にこちらで471万円を任意整理しました。2022年8月に完済しましたが、司法書士さんとお会いしたのは最初の1回のみです。他事務所さんと比べると着手費用は確かに高い方だとは思いますが、それに見合う債権者との交渉、対応だったと思います。借金していた会社の数にもよりますが、私は8社任意整理のお願いをしたので、月維持費1万円程かかりましたがアヴァンスネクストという返済代行サービスが大変助かりました。利子と依頼費用は約1年程でペイ出来るので、借金を意地でも返したいと決心される方にはお勧めです。

【悪い口コミ・評判】

最悪です。対応遅い、事務員が業務わかってない。挙句に個人再生依頼から2ヶ月後にできないから弁護士に変えてくれと言われた。ホンマに司法書士も出てこないです
(追記)
契約書類を早く送ってほしいと言ったら時間かかりますと言われたそこは考慮して速達にできないのか??そんな配慮もないのか出来ることなら全額返金してほしい。それをいうとだめやからできるだけ。高い依頼料払ってこの結果。

詳細は公式サイトをご参照ください。

【公式サイト】
女性のための債務整理相談「アヴァンスレディース」

5⃣ 弁護士法人ひばり法律事務所

弁護士法人ひばり法律事務所

  弁護士法人ひばり法律事務所
初回相談料 無料
自己破産 着手金 :220,000円~
基本報酬:220,000円~
実  費:5,500円/社
その他 :若干の諸費用あり
個人再生 着手金 :330,000円~
基本報酬:220,000円~
実  費:5,500円/社
その他 :若干の諸費用あり
任意整理 着手金 :22,000円/社
基本報酬:22,000円/社
減額報酬:減額分の11%
実  費:5,500円/社
過払い金請求報酬 回収額の22%(訴訟の場合27.5%)
実  費:5,500円/社

「ひばり」 は桜よりも早く春を告げる鳥。

依頼者が抱えている法的問題を迅速に解決し、いち早く依頼者に春を届けられるように…

との願いを込めて「ひばり法律事務所」と名付けられています。

その名前の通り、依頼者に寄り添った姿勢で実績を重ね、約5,000件の債務整理を手掛けてきました。

また費用も安価な設定で、任意整理報酬は弁護士事務所として最安値水準の22,000円/社となっています。

女性専用の窓口も好評で、女性からの相談も多数受け付けています

【良い口コミ・評判】

任意整理でお願いしました。他の弁護士事務所に何軒も電話相談しましたがこちらが一番丁寧に話を聞いてくれました。他の事務所は手数料の話ばかりで更に手数料が高額でしたがひばり法律事務所は手数料も良心的です。事務所に訪問時も丁寧に話を聞いて整理も粛々と進めて下さりました(Google口コミ)

当初は任意整理をお願いする予定でしたが、初回で任意整理よりも自己破産の方が良いと勧められ、自己破産でお願いしました。
初めての法律事務所で色々と不安なことも多々ありましたが小屋さんが親身になって話を聞いてくださり、諸々の対応もしてくださり、無事に自己破産が終了しました。
長期間色々とありがとうございました。(Google口コミ)

【悪い口コミ・評判】

電話で相談した所、法テラスの方が良いですよとアドバイスを頂いた。法テラスに問い合わせると、弁護士事務所の方が良いですよと言われた。稼げなさそうだと断る感じですかね?

詳細は公式サイトをご参照ください。

【公式サイト】
借金の問題は信頼と実績の弁護士法人ひばり法律事務所へ

6⃣ ウイズユー司法書士事務所

  ウイズユー司法書士事務所
初回相談料 無料
自己破産 費用:473,000円~
※管財事件の場合:別途55,000円~
※予納金、申立印紙代、管財事件の場合は管財人報酬(200,000円~)が別途必要
個人再生 住宅ローン特則なし 528,000円~
住宅ローン特則あり 583,000円~
※予納金、申立印紙代が別途必要
任意整理 1社あたり11,000円~110,000円
※債務残高により増減
※過払い金を回収した場合は、追加で回収金額の20%
過払い金請求報酬 1社あたり11,000円+回収金額の20%
※訴訟提起の場合、印紙・郵券代が別途必要

ウイズユー司法書士事務所代表・奥野司法書士の「座右の銘」は、

やってやれない事はない。やらずにできるわけがない

です。

とにかくやってみようという姿勢で実績を重ね、相談件数は40,000件以上、解決実績は10,000件以上になります。

女性に特化した対応をしているのも当事務所の特徴

女性の中には精神的に追い込まれている中で男性と話すことを躊躇する方もいます。

そこでウイズユー司法書士事務所は女性専用ダイヤルを設けました。

女性スタッフが対応する専用窓口で、ゆっくりと悩みをお話しされると良いでしょう。

【良い口コミ・評判】

細かいとこまで対応して下さり、非常に気持ちよく話し合うことが出来ました^^
何かあった時にすごく頼りになる印象なのでまたお世話になる機会がありましたらここに連絡したいと思います!(Google口コミ)

昨年亡くなった父宛に建設系の会社から売掛金請求の内容証明郵便が届き金額が百万超えで驚き色々と検索してこちらで時効の援用を知り電話をかけてみると、女性のО様が丁寧に親切に動揺している私に冷静に専門的な法律の事を沢山教えてくださいました。契約書もなく証拠もなく債権についての報告書類を請求して頂きなかなか相手先が送ってこず2ヶ月過ぎて催促して頂きやっと届き18年前からコンタクトなしとわかり時効の援用をして頂き更に相手先への確認もしてくださりこの件は焼却処分するとのお話を私にお知らせしてくださいました。家族についてもアドバイスして頂きました。聞いた事のない倒産した会社の分まで払わされていたのか?相手先も経緯の詳細は不明と書いてあり払わなくてもいいものを払わされてた気もして…兎に角あの時電話に出てくれたのがO様で本当良かったです!!!救われました!!!相手先のせいで4ヶ月かかりこの間、初盆や法事もあって相当ストレスでしたが不安で電話するとその度に安心させてくださいました。手続きの書類も完璧でしかも速かったです!!!私だったらこんな報告書は貰えなかったでしょう。O様に依頼して本当良かったです!!!
因みに地元の弁護士とかにも電話してみたのですが最低最悪でした。一般企業相手にも時効の援用をしてくださる御社そしてО様は弱者の救世主だと思います!!!(Google口コミ)

【悪い口コミ・評判】

債務整理依頼
相談して、ちょっとやめたほうがいいとかもっと話して欲しかった。
親にもバレて、そちらで何とかしてくださいね?の一点張り。もっと人をみてほしい。(Google口コミ)

7⃣ 司法書士法人はたの法律事務所

司法書士法人はたの法務事務所
初回相談料 無料
任意整理 着手金 :無料
基本報酬:22,000円/社
減額報酬:減額分の11%
経費:1社5,500円
過払い金請求報酬 報酬金:回収額の22%(10万円以下の場合は14%)
その他:11,000円の計算費用
個人再生 報酬金:385,000円~
再生委員に支払う費用:220,000円~
自己破産 報酬金:330,000円(少額管財事件は+220,000円~)

はたの法律事務所の特徴は、全国どこでも無料で出張相談ができること。

そのためか、本店事務所がある東京よりも地方からの依頼が多いそうです。

基本報酬代が業界平均より安いのもあり、

  • 司法書士歴:27年
  • 債務整理の相談件数:20万件以上
  • 債務整理の受任件数:8,000件以上

と、実績を積み重ねています。

デメリットは司法書士なので、任意整理の場合140万円を超える貸金業者を相手にすることができません。

任意整理で140万円を超える貸金業者がある場合は、弁護士事務所に相談すると良いでしょう。

【良い口コミ・評判】

実績がすごい多いということで私の状況を説明したところ、どうしたらいいか教えてくれました。お金のことなのでとても不安が大きいですが、細かく説明してくれましたし、何より信頼できた。ほかのところでは結構な費用を取られることがネックでやめました。はたの法務事務所は費用面も安く、丁寧なのでお願いしました。(Google口コミ)

代理で消費者金融とやり取りしてくれるので、こちらはいくら払えばいいかわかるのが助かる!交渉とかもしてくれて生活できるようになりました。お金のこととかで悩んだら相談するといいですよ!WEBでも電話でも対応してくれます!

【悪い口コミ・評判】

ここは酷いところだと思いますよ。誰かの情報を見ながら勘違いして話していたり、人によって金額も違うみたいですね。高圧的な話し方にもなり、他の司法書士事務所と違いやる事が遅いですね。ぼったくり金額を提示してきてます。

◆まとめ

という訳で今回は、債務整理に関する情報をいろんな角度からご紹介してきました。

借金問題はとにかく早く解決することが大切なので、一人で悩まず、専門家へ相談するところから始めましょう。

この記事が、借金に悩む皆さんの役に立てば幸いです✨

こちらの記事も読まれてます!

大阪で債務整理に強い弁護士・司法書士事務所【3選】口コミや評判をチェック!
【債務整理】女性専用窓口がある弁護士・司法書士事務所3選~口コミ・評判をチェック!
債務整理4つの方法~自宅や車はどうなる?ブラックリストへの掲載は?
債務整理におすすめの法律事務所【7選】口コミ・評判の良い弁護士や司法書士をチェック!
債務整理【まとめ】4つの方法とメリット・デメリット…おすすめの法律事務所や口コミ・評判など
スポンサーリンク
債務整理
スポンサーリンク
kagerouをフォローする
スポンサーリンク

コメント

◆各銀行のデータ(決算・頭取・基幹システム等)

メガ・信託・ネット

0001 みずほ銀行
0005 三菱UFJ銀行
0009 三井住友銀行
0010 りそな銀行
0017 埼玉りそな銀行
0033 paypay銀行
0034 セブン銀行
0035 ソニー銀行
0036 楽天銀行
0038 住信SBIネット銀行
0039 auじぶん銀行
0040 イオン銀行
0041 大和ネクスト銀行
0042 ローソン銀行
0043 みんなの銀行
0044 UI銀行
0288 三菱UFJ信託銀行
0289 みずほ信託銀行
0294 三井住友信託銀行
0297 日本マスタートラスト信託銀行
0300 SMBC信託銀行
0304 野村信託銀行
0307 オリックス銀行
0310 GMOあおぞらネット銀行
0311 農中信託銀行
0320 新生信託銀行
0321 日証金信託銀行
0324 日本カストディ銀行
0397 SBI新生銀行
0398 あおぞら銀行
0401 シティバンク、エヌ・エイ
0402 ジェーピーモルガン銀行
0403 アメリカ銀行
0411 香港上海銀行
0430 ドイツ銀行
0472 SBJ銀行
9900 ゆうちょ銀行

地方銀行

0116 北海道銀行
0117 青森銀行
0118 みちのく銀行
0119 秋田銀行
0120 北都銀行
0121 荘内銀行
0122 山形銀行
0123 岩手銀行
0124 東北銀行
0125 七十七銀行
0126 東邦銀行
0128 群馬銀行
0129 足利銀行
0130 常陽銀行
0131 筑波銀行
0133 武蔵野銀行
0134 千葉銀行
0135 千葉興業銀行
0137 きらぼし銀行
0138 横浜銀行
0140 第四北越銀行
0142 山梨中央銀行
0143 八十二銀行
0144 北陸銀行
0145 富山銀行
0146 北國銀行
0147 福井銀行
0149 静岡銀行
0150 スルガ銀行
0151 清水銀行
0152 大垣共立銀行
0153 十六銀行
0154 三十三銀行
0155 百五銀行
0157 滋賀銀行
0158 京都銀行
0159 関西みらい銀行
0161 池田泉州銀行
0162 南都銀行
0163 紀陽銀行
0164 但馬銀行
0166 鳥取銀行
0167 山陰合同銀行
0168 中国銀行
0169 広島銀行
0170 山口銀行
0172 阿波銀行
0173 百十四銀行
0174 伊予銀行
0175 四国銀行
0177 福岡銀行
0178 筑邦銀行
0179 佐賀銀行
0181 十八親和銀行
0182 肥後銀行
0183 大分銀行
0184 宮崎銀行
0185 鹿児島銀行
0187 琉球銀行
0188 沖縄銀行
0190 西日本シティ銀行
0191 北九州銀行

第二地銀

0501 北洋銀行
0508 きらやか銀行
0509 北日本銀行
0512 仙台銀行
0513 福島銀行
0514 大東銀行
0516 東和銀行
0517 栃木銀行
0522 京葉銀行
0525 東日本銀行
0526 東京スター銀行
0530 神奈川銀行
0532 大光銀行
0533 長野銀行
0534 富山第一銀行
0537 福邦銀行
0538 静岡中央銀行
0542 愛知銀行
0543 名古屋銀行
0544 中京銀行
0562 みなと銀行
0565 島根銀行
0566 トマト銀行
0569 もみじ銀行
0570 西京銀行
0572 徳島大正銀行
0573 香川銀行
0576 愛媛銀行
0578 高知銀行
0582 福岡中央銀行
0583 佐賀共栄銀行
0585 長崎銀行
0587 熊本銀行
0590 豊和銀行
0591 宮崎太陽銀行
0594 南日本銀行
0596 沖縄海邦銀行

TOPページ

タイトルとURLをコピーしました